地域と言語を選択してください

メニュー

冷却システム

日立エナジーの冷却システムは、ライフサイクルコストを最適化した、信頼性の高い、エネルギー効率に優れたソリューションです。当社は、2 kWから数メガワットの冷却能力を備えた、産業用および送電用の純冷却システムポートフォリオを提供しています。

2 kWからの冷却容量を持つさまざまな産業用および送電用の完全な純水冷却システム

当社の純水冷却システムは、ライフサイクルコストを最適化した、信頼性の高い、エネルギー効率に優れたソリューションです。水を冷媒として用い、用途に応じて、水道水、グリコール水、または純水のいずれかを使用します。

開発、設計、販売、生産から、組み立て、試験、設置、試運転、トレーニング、サービスに至るまで、製品ライフサイクルのあらゆる段階でご利用いただけます。

日立エナジーが選ばれる理由

  • オーダーメイドのターンキーソリューション
  • 30年以上の経験と実績のある技術
  • ライフサイクル全体にわたって生産性を最適化する充実したアフターサービス

詳しく知る

冷却媒体は水です。必要な水質は、特定の用途によって決まります。

純水-導電率の低い水が必要な場合

パワーエレクトロニクス適用事例:

  • HVDC、SVC、コンバータ、ドライブなどの電気デバイスにおける半導体の冷却。
  • 冶金プロセスおよびその他の産業用途における冷却。
  • 化学薬品を使用しない純水冷却は、食品や医療などの分野で不可欠。
  • 発電機やモータなどの磁気コイルの冷却。

水道水-導電性に問題がない場合

適用事例:

  • 室内冷房
  • 蓄電池

グリコール/水混合物−凍結の危険性がある場合

仕組み

すべての純水冷却システムの原理は基本的に同じで、オブジェクトを冷却するメインループがあります。水は熱を水対水または水対空気の熱交換器に伝達します。メインループから、流れの一部が水処理回路を通過し、水は機械的に濾過されます。必要に応じて、イオンと酸素からも連続的に精製され、冷却水の導電率は<0.1μS/cm (25°C) と低いレベルで維持されます。

プレハブシステム

当社の冷却システムは、事前に組み立てられ、1つまたは複数のユニットに組み立てられています。システムの大部分はPLCとソフトウェアによる制御装置を含みます。システムは出荷前にテストおよび検証されます。

据え付けと起動

グローバルにシステムを提供している当社では、効率的な据え付けと起動のために設計標準と制御ルーチンを開発しました。ほとんどのお客さまは、マニュアルに従って簡単にシステムを設定できます。

コンテナ冷却ソリューション

オプションとして、システムはすぐに使用できるコンテナソリューションとして提供できます。これは、ロジスティクスを最適化し、停止時間や据え付け時間を最小化するために使用できます。

通常のコンテナソリューションでは、冷却システムポンプユニット、処理回路、モータスタータ、保護およびシステム制御がエンクロージャまたはコンテナに取り付けられています。コンテナのオプションには、断熱、換気、照明、暖房および空調などの機器を含むことができます。

サービス

お問い合わせ

こちらからお問い合わせください。