地域と言語を選択してください

メニュー

再生可能エネルギー発電所向け新時代の自動化システム

グリッドコードに準拠した再生可能エネルギー発電所ト向けソリューション

再生可能エネルギーによる送電網の補完

断続的な再生可能エネルギーと従来型発電によるあらゆる電圧レベルの電力を組み合わせた送電・配電は、非常に困難なものです。従来型燃料の場合は計画的に発電を行うことができますが、再生可能エネルギーの場合は、発電予測が困難です。再生可能エネルギーの普及率が高まるにつれて、周波数と電圧の安定化の要求も高まってきます。

日立エナジーは、再生可能エネルギー発電所の自動化ソリューションを提供し、発電所運転の簡素化、再生可能エネルギー発電と系統連系における適合の改善、投資収益率の最大化に貢献しています。先駆的な自動化技術により、個々の発電所監視と制御から、複数の再生可能エネルギーを組み合わせた発電や発電所群の遠隔管理まで行うことが可能です。

導入メリット

  • グリッド接続型再生可能エネルギーのバリューチェーン全体をカバーする統合自動化ソ リューション
  • すべての発電所資産を単一の管理システムで管理可能
  • 総合的な発電所の監視、診断、制御
  • 資産のパフォーマンス向上と発電量の増加
  • シームレスなグリッド統合とグリッドコード対応
  • 発電所全体の最適な運用・保守を実現
  • グローバルに展開するアフターセールス・サービス

ソリューション

すべての再生可能エネルギー発電所をリアルタイムで監視、制御、運用します。統合されたSCADAと制御機能により、さまざまな場所に分散する複数の太陽光発電所や風力発電所をシームレスに管理することができます。総合的なソリューションとして、発電量の最適化、フリート分析、グリッド統合、人間工学に基づいたHMIによるリアルタイムのプラントモニタリングが可能です。風力発電所では、ウェイクベースの電力最適化により、4%から7%の生産性向上をめざします。

再生可能エネルギーデジタル化

関連製品・サービス

お問い合わせ

こちらからお問い合わせください。