地域と言語を選択してください

メニュー

ダイバーシティ&インクルージョン

 

ダイバーシティ+コラボレーション=優れたイノベーション

日立エナジーは、この強力な方程式を実践しています。

当社は、お客さまやパートナーとともに、持続可能なエネルギーの未来の実現をめざしています。このような未来は、包括的で協力的な文化の中で誰もが意見を述べる機会を与えられる時に初めて認識できるものです。

そこで当社は、「ダイバーシティ360」を立ち上げました。

40000+

Colleagues

90+

Operating countries

142

Nationalities represented

10+

Average years in company

ダイバーシティ360とは何か、このビジョンをどのように実現するのか。

ダイバーシティ360は、ダイバーシティとインクルージョンを長期的なビジネス成功の中核と捉えるためのビジョンです。多様な考え方が持つ力を信じ、それを育む職場をつくっていくことは私たち一人ひとりの役割だと考えています。そのため、私たちは4つのクロスファンクショナルなワークストリームを設け、ダイバーシティ&インクルージョンを私たちの文化そのものに統合することをめざしています。

 

リーダーシップの柱

この仕組みにより、リーダーは、人財の採用、成長、育成の方法にダイバーシティ&インクルージョンを取り入れる責任を負うことになります。リーダーは、多様な考え方を支える原動力であり、私たちの環境を形成する上で重要な役割を担っています。

 

Our Leadership Pillars


 

リーダーズコネクト

9ヶ月の間に、10カ国、28の国籍のあらゆるレベルの従業員を500人以上集め、従業員が指導者に求めることについて理解を深めました。

その結果、私たちは「Our Leadership Pillars (リーダーシップの柱) 」と呼ぶ独自のフレームワークを生み出しました。

ケイティ・ヴイユが語る日立エナジーにおけるリーダーシップ

ケイティが日立エナジーでリーダーシップを発揮するまでの道のりや、日立エナジーで働くことについてお伝えします。

「日立エナジーでは、イノベーションとコラボレーションを通じて、クリーンエネルギーへの移行の緊急性を訴えています。カーボンニュートラルな未来を実現するために、情熱と責任感を持ってさまざまなグローバル課題に取り組む多様なグローバルチームを育成しています。」

クラウディオ・ファキン - 日立エナジー CEO