地域と言語を選択してください

メニュー

Asset & Work Management by Lumada

設備資産および作業管理

資産集約型産業はどのようにして最も困難な課題を解決し、成果に繋げていくのでしょうか。日立のLumadaを活用した資産管理や作業管理のためのデジタル技術に関してご紹介します。

Lumadaを活用した設備資産および作業管理ソリューション

設備資産および作業管理ソフトウェア・ポートフォリオは、資産集約型産業の適応力、協調性、洞察力、予測力の向上を可能にします。日立エナジーは、電力・産業分野における130年以上のエンジニアリングのノウハウと、日立の先進的なLumadaデジタルエコシステム、さらに日立ヴァンタラのドメインとサービスの専門性を融合させ、先駆的なテクノロジーによりお客さまのビジネス変革を導きます。Lumadaには、機械学習、AI、高度なデータ分析、ハイブリッドクラウド管理、サイバーセキュリティなどの技術が搭載されています。当社の設備資産および作業管理ソリューションは、幅広い顧客層の進化するニーズに直接対応し、ビジネスの効率性と収益性の向上を促進します。

Lumada EAM、APM、およびFSMソリューションは、資産集約型の産業で活用することができ、困難な課題を解決し、他に類を見ない成果をもたらします。

システムというだけでなく、既存のテクノロジーを取り入れたエコシステムであるため、これまでの投資を犠牲にすることなく、最新のテクノロジーのメリットを享受できます。

設備資産および作業管理のIQを向上

Lumadaが提供する設備資産および作業管理

組織の最も基本的な使命は、業務効率化、業務最適化、資産ピーク時のパフォーマンスを維持することです。

お問い合わせ

こちらからお問い合わせください。

事例紹介

ニュース