地域と言語を選択してください

メニュー

変電所用変圧器

HV・LV/MV変電所および遠隔電力ニーズに対する屋外油入変電所用変圧器

SSVT誘導型変圧器は、低電圧または中電圧のパネルに電力を供給するために、46 kV~362 kV HV接地型ニューラルネットワークで位相とアースを接続することを意図した単相設計で構成されています。

この設計により、変電所環境に容易に設置、単相スタンドに簡単に取り付けることができます。 SSVTは、HV電力網に直接接続され、変電所内のパネルへ、または、HVサービス用に直接提供される遠隔負荷へ電力を供給します。 SSVTは、120 V~MVレベルの出力電圧を提供できます(具体的な出力電圧に関しては工場にお問い合わせください)。 利用できる電力レベルは、すべての系統の電圧において10 kVA~167 kVA単相給電、および245 kVの系統において最大333 kVAです。

変電所用変圧器は、電力用のみ、または電力用とオプションの測定巻線(電圧測定用の1本または2本のタップ型巻線を装備)があります。 また、オイルの上部にガスクッションを設け、水分を含んだ外気の侵入を防ぐ密閉構造となっています。

ANSI 70 グレイ絶縁体は、ハイ クリープ・ハイ ストライク設計で提供されます。 通常は磁器絶縁体が標準であり、ポリマーはオプションとして提供されますが、例外として362 kVの場合はポリマー設計が標準です。

アプリケーション

  • 変電所用の補助電力ニーズ
  • 鉄道用途-小規模な電力ニーズ
  • 遠隔地の電力-小規模な工業負荷や採掘現場
  • 地方の電化-初期電力費用の削減

日立エナジーが選ばれる理由

日立エナジーは、北米における変電所用変圧器市場を開拓し、この分野のイノベーターとして毎年新しいデザインを生み出しています。 当社の製品は品揃えが豊富であり、世界中のユーザーの多くの用途の具体的なニーズに対応することで、最適なサービスを提供します。 当社は、地方の電力要件の初期費用を削減するために、パッケージ能力を活かして包括的な小型変電所を提供可能です。

  • 知見を有する当社担当者による適切なソリューションを提供可能
  • 極地から砂漠の環境まで、非常に狭いスペースでも設置可能な設計
  • 低損失設計により、電力変圧器、電力変圧器における三次巻線、送電線、または他の電力源からのMV供給と比較して、今日の市場で入手できる最も効率的な変電所用ソリューションの1つ
  • 相あたり最大333 kVAまでの重要な負荷ニーズに対して高い信頼性と電力可用性を実現

性能データ

SSVT  
設置場所 屋外
設計 変電所用変圧器の型
絶縁 油紙
機器用最高電圧 46 – 362 kV
電圧係数(Vf) 最大1.25
絶縁体 磁器標準絶縁体*
クリープ距離 ≥ 25 mm/kV(要望に応じて長距離対応可能)
サービス条件  
  • 周囲温度
-40ºC 〜 +40ºC (標準) **
  • 設計高度
最大1000m (標準) **
電力定格 10 kVA、25 kVA、50 kVA、100 kVA、167 kVA(200 kVA、250 kVA、および333 kVAは、245 kVレベルで利用可能)
測定巻線 要望に応じて、オプションとして一重または二重のタップ型二次測定巻線
測定精度 ほとんどのIECおよびIEEE 測定および保護クラスに準拠しています。

 

*要望に応じてシリコン・ゴム(SIR)に対応しますが、362 kVの場合はSIRが標準です。
**その他の温度、高度も可能

映像:革新的技術を用いてコンゴ民主共和国で電力供給

お問い合わせ

こちらからお問い合わせください。