地域と言語を選択してください

メニュー

Hitachi Power Grids Supplier Sustainability

サプライヤーサステナビリティ開発プログラム (SSDP)

持続可能なエネルギーの未来に向けて取り組みを加速

当社は、世界でより持続可能、より柔軟、より安心・安全なエネルギーシステムを構築する取り組みを進めています。先駆的な技術リーダーとして、お客さまやパートナーと協力し、今日とこれからの世代のために、持続可能なエネルギーの未来を実現します。

当社は、持続可能性を企業目的の中心に定め、すべての人のために持続可能なエネルギーの未来を前進させることにコミットしています。

サプライチェーンにおける当社のサステナビリティ戦略では、次の3つの主要分野に重点を置いています。

  • 調達製品と原材料 
  • 倫理的なビジネスを行うためのサプライヤーおよびコンプライアンス基準
  • 事業所や輸送工程でのカーボンニュートラルの実現

サプライヤーサステナビリティ開発プログラム (SSDP) は、人権と適切な労働条件を守り、安全で環境に配慮したオペレーションを確保し、サプライチェーンに関連する規制要件を遵守するためのイニシアティブです。

私たちは以下にコミットしています。

  • 責任ある調達 
  • オペレーションパフォーマンスの向上 
  • 新旧規制への対応

当社では、供給基盤を毎年見直し、評価が必要とされるサプライヤーを選定しています。選定基準は、AMEA、ヨーロッパ、南北アメリカからリスクの高い17カ国に拠点を置きリスクの高い材料の供給を行っている、またはサステナビリティの観点から主要な戦略的サプライヤーと見なされる企業となります。

評価は、非常に高リスク、高リスク、中リスク、低リスクの4つのリスクレベルで行われます。

サステナビリティ戦略で重点を置く3つの主要分野

The products and the raw materials we buy

We are committed to responsible sourcing

Our suppliers and the overall compliance criteria to engage in ethical business with us

Our Supplier Code of Conduct outlines all compliance areas

Our sites and transport processes, becoming carbon-neutral in our own operations

Hitachi Energy has reached its target to use 100% fossil-free electricity in its own operations

field of solar panels for sustainable energy
サステナビリティ2030​とは​

当社は、サステナビリティを企業目的の中心に定め、持続可能なエネルギーの未来に貢献します。

サステナビリティ2030は、持続可能な方法で事業活動および企業運営を行うという当社の主要なコミットメントをまとめた、新たな戦略計画です。

サステナビリティ2030 では、「地球環境」、「人間尊重」、「平和と公正」、「パートナーシップ」 という4つの柱で推進しています。

4つの分野それぞれにおいて、国際連合の「持続可能な開発目標(SDGs)」と密接に連携した、社会価値、環境価値、経済価値を向上する目標を設定しています。

当社のコミットメント

当社は、国際連合の「持続可能な開発目標(SDGs)」にコミットしています。サステナビリティ2030を通して、八つのSDGsに大きく貢献できると考えています。これらのSDGsに対応する事業推進上の目標を「地球環境」 「人間尊重」 「平和と公正」 「パートナーシップ」 という四つの柱に分類し、取り組みを進めていきます。