地域と言語を選択してください

メニュー

Gerus HVDC Light station, Caprivi Link Interconnector

HVDC交直変換所

交直変換所では、電気が交流 (AC) から直流 (DC) に、またはその逆に変換されます。これは、高出力、高電圧のパワー半導体バルブによって行われます。

パワー半導体バルブは一方向だけに電流を流すことができ、逆方向に電流が流れるのを防ぐ装置です。本機能は、このタイプの変換に不可欠です。パワー半導体バルブはコンピュータ制御システムによって動作し、送電する電力の正確な制御を可能にします。これはHVDCシステム固有の特徴です。交流送電では、電力は直接制御できず、外部要因に依存します。

自励式HVDC Light交直変換所は、他励式HVDC Classic交直変換所よりもはるかに小さくなっています。HVDC Lightの半導体バルブは建屋内部に配置され、変換器リアクトル、DCおよびACヤードは要求に応じて建屋内に配置することができます。交直変換所では、パワー半導体バルブは大きな建屋内に設置されており、小さな建屋に制御システムとバルブ冷却装置などの補機システムが配置されます。

従来のHVDC ClassicとHVDC Lightでは、バルブに使用される半導体の種類が異なるため、AC/DC変換技術も異なっています。このため、HVDC Lightには従来のHVDCシステムにはない制御機能が追加されています。

Gerus HVDC Light station, Caprivi Link Interconnector

Contact us

Submit your enquiry and we will contact you