地域と言語を選択してください

メニュー

バリューチェーン:運転および保守

エネルギー事業のオーナーとオペレーターは、安全かつ確実に、効率的に運用するという共通の課題に直面しています。日立エナジーは、お客さまが抱える複雑な問題を解決するために、業界知識やクラウド型ソリューション、リモートサービスなど、デジタル化された専門家によるサポートを提供しています。ITとOTの融合により、オペレーションの最適化とアップタイムの最大化を実現するデータ駆動型のイノベーションを実現します。

オーストラリアのアーネスト・ヘンリー鉱山における電力品質の向上

電力の効率的な利用とグリッドコードの遵守は、鉱業・鉱物施設にとって主要な課題の一つです。日立エナジーの電力品質ソリューションは、これらの課題を解決する理想的なソリューションです。ABBACUS E-seriesの導入により、鉱山施設は適切な力率で稼働し、今後何年にもわたって電力品質の低下によるコスト負担を回避することができます。

揚水発電プラント向け高圧ソリューション

日立エナジーは、高電圧サービス向けのスペアパーツ群を豊富に取りそろえ、幅広い設置拠点をカバーしています。インド東部のプルリア揚水発電所では、発電用遮断器(GCB)の戦略的なスペアパーツを提供することで、発電所の保守期間を短縮し、インド国内の180万世帯以上に安定した電力を継続的に供給しています。

200か所

世界各地のサービスセンター

分析支援オペレーション

データ分析では、運用全体のデータをフィルタリングして単一のビューに統合します。これにより、オペレーターは作業に優先順位をつけ、重要事項を明確化することができます。

「follow-the-sun」モデルを採用している当社のコラボレーティブ・オペレーションセンターは、専門的なサービスとライフサイクル管理を24時間365日提供しています。また、データ分析を利用した迅速かつ専門的なリモートサービスで、デジタル接続されたお客さまの資産を管理・保護しています。

シチュエーションアウェアネス (状況認識)

AIを駆使したソリューションにより、アップタイムの最大化を実現します。 これらのソリューションは、Lumadaプラットフォームをベースにしたモジュール式で、アプリケーションに特化しています。状態に応じたメンテナンスから予知保全まで、当社の高度なサービスモデルは、お客さまの資産を稼働させ続けます。 また、AIソフトウェアを活用した遠隔監視・診断により、リプレース、マイグレーション、システムアップグレードをサポートします。

50%

世界の電力会社上位250社のうち50%をサポート

リモート操作と自動運転

電力分野では、保護装置や制御装置の自動運転が長年にわたって行われてきました。 当社は、その専門知識と最新のデジタル技術を活用して、お客さまのオペレーションの自動化を支援します。

予知保全

システムの信頼性と設備資産のパフォーマンスに関する当社のソリューションは、資産やシステム設計からデータを引き出し、現在の性能、寿命、故障のリスクを特定します。 このような正確でリアルタイムな情報は、企業のより良い、より積極的なメンテナンスの意思決定に役立ちます。

4兆ドル

世界中のお客さまの4兆ドル以上の資産を監視

30%

世界中の30%のネットワークを制御・保護

労働力の最適化

労働力の流動性が制限されている現在、デジタルの最適化は非常に重要です。企業は、人々の安全を確保しつつ、生産を継続するという課題に直面し続けています。日立エナジーの最適化されたワークフォース機能は、企業が人材をどのように配置するかについて、より良い判断を下すことを可能にします。Lumadaフィールドサービスマネジメントをはじめとする当社のクラウドベースのソリューションは、現場で働く人々の効率性、生産性、安全性を実現します。

セルフサービス型資産

あなたの資産が、自ら診断したり、支援を求めたり、サプライヤーに直接スペアパーツを注文することを想像してみてください。 当社は、セルフサービスというコンセプトのもと、お客さまやパートナーと一緒に資産メンテナンスの未来を切り開いていきます。

Contact us

Submit your enquiry and we will contact you

ホワイトペーパー